自分の意見です

現在のキャッシングなどで金融や銀行からお金を借りるときに担保が必要になってしまうということは滅多とないと思います。

ほとんどが免許証や住民票など、身分証明書の類で、借りることができる限度額を消費者にお勧めをしているからです。

あとは3ケタのキャッシングなどに身分証明書を提示する必要が発生をしてしまう可能性がでてきます。基本的には車などの担保やもしくは保証人などが必要となります。
もしかすればこれは予想ですが、3ケタではなく、4ケタの大台でのキャッシングの時に発生するのではなども思ってしまいます。それだけ、現在の金融ではゆとりがあるのではないかと思います。

自分も3ケタのキャッシングを行ったことはありますが、担保などは発生はしておりません。そして昔の金融機関であれば、担保などの類がよく発生をしたようです。

例えばですが、それは今は亡き会社の武富士などもそうでした。
ネットが普及をあまりされていなかった時代に活躍をしていた金融機関ですが、ここでは50万円を超えるキャッシングで車などの担保を会社は消費者に要求をしていたなどと、職場の先輩からも聞かされたことがあります。

この担保がいいのか、悪いのかをいいますと、自分はこの制度は今でも普及の増加をしたほうがいいのではと思ってしまいます。

何故なら、一応保険と言う意味で担保が存在をしますので、これでお互い、万が一があったとしても、業者は取りこぼすことなく、そして消費者も自己破産などをしなくても済むので、双方が助かるというものです。